養蚕への挑戦4 見学編養蚕への挑戦4 見学編九州大学の蚕による遺伝子研究の世界的権威伴野教授の研究室を見学しました。子供達を主体にして保護者と見学しました。この研究室は明治時代から続けられており、500種類程度の蚕の品種を保存する為、毎年500種類を卵から育てて成虫が産む卵を保存して、毎年毎年繰り返して種を保存するとゆう、気の遠くなるような作業を続けておられる研究室でした。保存されている蚕を使って様々な研究をつづけておられる方の一人が日下部教授です。500種類の蚕の中からコロナウイルスに抗体反応を示したのが1種類いて、それを使って研究を続けておられるのです。
子供達は蚕の幼虫を触って、可愛い、飼いたいと言っていました