男性のきものと帯女性のきものと帯を京都と博多と米沢で買い集めました。

会社案内

  • HOME »
  • 会社案内
1929年(昭和4年)
創業、当時の総理大臣である浜口雄幸が緊縮財政政策を発表したのがこの年で私の祖母はそのまま緊縮屋と命名した。
創業者   持永れき(持永 英輔の祖母であり戸籍上は養母である)
取扱品目  古着  当時は和服が普段着で新品よりも古着の流通が多かった
1949年(昭和24年)
まるきん呉服店へ改名 戦後いつまでも古着の屋号ではなく新しい屋号を考えている時の緊縮屋の「きん」に「まる」をつけてまるきんと命名した、何かとても安易な命名ですね。
社長 阪東鉄之助(英輔の実父)
1999年(平成11年)
緊縮屋再創業 当時ホームページの制作が流行で遊び半分で古着を扱うバーチャルショップ(仮想店舗)を開店したが古着は一枚も無く、お客様の反応の凄さにびっくりして展示会販売を開始、その後店舗で古着販売を始める。
再創業者 持永英輔(れきの孫)
創業より70年目 改名より50年目
2000年(平成12年)
高級専門店が古着の店を出したというので全国の呉服店から問い合わせが相次ぎ呉服屋のきものリサイクルショップの開店の応援をするようになる。
指導は20店舗以上に上り、開店まで漕ぎつけたのが、大分、長崎、金沢、岡山、札幌、名古屋、宮崎、山口等11店舗となる。
社長 持永 英輔

img10172572990有限会社まるきん呉服店〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-123
TEL:092-721-4646
代表者:持永 英輔
店舗運営責任者:持永 英輔
店舗セキュリティ責任者:持永 英輔店舗
連絡先:mochinaga@mac.com

PAGETOP
Copyright © 緊縮屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.